デミオ値引きの方法

デミオの値引き情報

デミオ値引きは時期によって金額が異なります。まずは現状の値引き状況を確認しておきましょう。

 

デミオ車体値引き限界額 デミオオプション値引き率
5~10万円 10%~20%

 

合計限界値引き額→15万円

まずはデミオ値引きの準備が必要

 

大抵の場合は、今乗っているクルマからデミオに乗り換えることになるはず。その際、ディーラー下取りを利用して、愛車を売却する人が非常に多いです。しかし、ディーラー下取りは買取相場よりもずっと安い傾向があり、最悪の場合は数十万円の損失がでることがあります。

 

どうしてディーラー下取りが安いのか? それは、ディーラーには買取車の売却ルートがないからです。ほとんどの場合、地元の中古車オークションに右から左に流して終わりです。そのため、買取価格はなかなか伸びません。一方、中古車買取専門店であれば、全国各地だけでなく、海外にも多くの販売ルートを持っており、一番高く売る方法を熟知しています。そのため、ディーラー下取りよりもはるかに高く買い取ることができます。

 

デミオの値引きはかなり渋いので、15万円引ければ特上レベルです。そこでもし下取りを選んで数十万円損すると、トータルでは10万円以上のマイナスになりかねないのです。そのため、愛車の買取相場を知ることは非常に大切です。場合によっては、ディーラー下取りの方が高くなることはもちろんありますが、そのときはディーラー下取りを選択すればいいだけ。中古車買取店に売るか、ディーラー下取りに売るかの選択肢を持つためにも、事前に買取相場を調べることは重要なのです。

 

大切なのは、デミオの値引き交渉の前に、愛車の買取相場を調べておくことです。そうしないと、交渉中に営業マンからディーラー下取りの価格を言われても、その金額が高いのか安いのか、判断することができません。

 

必ず、交渉前に愛車の買取相場を調べておきましょう。

 

愛車の買取相場を知る方法

愛車の買取相場を把握する場合は、中古車買取店に愛車を持ち込んで、査定してもらうのがかんたんです。そうすれば、その時点での最新相場を知ることができるでしょう。

 

しかし、持ち込むのが1店舗だけだとたまたま在庫がだぶついていて、ちゃんとした価格がつかないこともあります。なので、最低でも2~3店舗は回ったほうがいいです。そうすれば、基本的にはそこそこの買取価格がつきます。

 

オンライン一括査定もおすすめ

 

中古車買取店を回るのが面倒
おかしな業者にあたってトラブルになったら嫌だ

 

こんな不安を持っている人もいるでしょう。そんなときは、オンライン一括査定が便利です。パソコンやスマホを使うだけでかんたんに一括査定できるので、わずらわしさはありません。

 

さらに、一括査定なので複数の業者から同時に査定を受けることになります。そうすると、オークションのような状態になり、買取価格が高騰しやすいです。そのおかげで、ネットの一括査定は、ディーラー査定よりも平均30万円ほど高いと言われています。

 

一括査定サービスはいろいろありますが、その中でも一番人気が高いのは「かんたん車査定ガイド」です。

 

 

↑は一例ですが、このように一括査定をするとすぐに愛車の買取相場が表示されます。この機能は他の査定サイトでは利用できません。

 

あとはこの金額をメモしておき、デミオ値引き交渉に持っていきましょう。そうすれば、営業マンが下取り価格を提示してきても、高いか安いかがわかるようになります。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
→ http://a-satei.com/

 

他の一括査定を合わせて利用しよう

買取金額をさらに引き上げたいときは、他の一括査定サービスを併用するといいでしょう。それだけたくさんの業者から査定を受けられるようになり、買取金額がさらに高騰しやすくなります。

 

カーセンサー

自動車雑誌の「カーセンサー」が運営しているサービスで、リクルートが経営元なので安心できます。最大30社の一括査定に対応しており、買取金額高騰率も高いです。入力項目は若干多くなりますが、数分で査定できるのでかんたんです。

 

公式サイトはこちら
→ http://carsensor.net/

ズバット車買取比較

全国150社以上の業者が参加しており、地域密着業者も多いので、マイナー車種に乗っていたり、郊外に住んでいるドライバーにおすすめです。最大査定数は10社なので、高額買取の可能性も高いです。

 

公式サイトはこちら
→ http://www.zba.jp/

マツダデミオの値引き事情を知ろう

 

まず覚えておいて欲しいことは、デミオの値引きは非常に渋いということです。昔は「マツダといえば値引き」というほど大幅値引きを乱発していたのですが、ブランドイメージ向上のため値引きはほとんどされなくなり、デミオに至ってはせいぜい車両本体値引きで10万円下がれば大成功と言われるほどの激渋車種となっています。特に地方は厳しく、何度も交渉してようやく5万円引き、といったケースも多いです。もともとコンパクトカーは価格が安いので値引きされにくい傾向がありますが、デミオは日本でも有数の値引きがキツい車種と言えます。

 

また、「ディーゼルなら本体価格が高いから値引き額も増えるのでは?」と思われるかもしれませんが、むしろディーゼルの方が渋いです。マツダは「安売りはしない」というのをテーマにしており、ディーゼル技術にも自信があるので、3万円引きで完全にストップする事例も多くなっています。

 

どうすれば、デミオの限界値引きが引き出せるのか?まずはそのポイントを説明します。

 

マツダ同士の競合を利用する

 

新車値引きの基本戦術として、「ディーラー同士の競合」というものがあります。異なるディーラー同士であれば、ノルマも違うので客の奪い合いをするというわけです。たとえばデミオの場合、A店のデミオとB店のデミオを相見積もりして、値引きを誘うということです。

 

例えばトヨタの場合、「トヨタ」「トヨペット」「ネッツ」「カローラ」の4つの経営元の異なる販売チャンネルがあるので、ディーラー競合はさせやすい傾向があります。ところが、マツダの場合は経営元の違うディーラーが少ないので、競合はさせにくいと言われています。しかし、それは間違いで、実はマツダにも経営元の違うディーラーはたくさんあります。

 

見分け方は簡単で、会社名が1文字でも違えば経営元は違います。例えば東京には「関東マツダ」と「東京マツダ販売」などの異資本ディーラーチャンネルがあり、デミオ同士を競合させて値引きさせることができます。また「マツダオートザム」は比較的広範囲にありますので、地元のマツダ販売ディーラーとの競合は有効です。

 

さらに、マツダ販売店は県ごとに経営資本が異なる傾向があるので、県をまたいで交渉する「越境交渉」も有効です。県が違えばノルマも全く違ってくるので、必死に客を取ろうとして値引きが拡大する傾向が強いのです。

 

ライバル同士の競合も使える

 

値引きの第二の鉄則として「ライバル競合」があります。デミオの場合は「アクア」「フィット」という超強力なライバルがいるので、見積書を用意してデミオにぶつけることで値引きが拡大しやすくなります。

 

特にディーゼル仕様のデミオはライバル競合がよく効きます。ディーゼル仕様のデミオは「低燃費」という理由で買われることが多いので、ハイブリッドのコンパクトカー「アクア」「フィット」と値引き相性がいいのです。マツダ側もアクアとフィットはかなりライバル視しているので、競合させることで値引きは引き出しやすくなります。

 

値引き交渉は3回でばっちり決めよう!

 

さて、愛車の買取相場がわかって、デミオ値引き交渉テクも把握したら、あとは交渉を実践しましょう。

 

注意してほしいことは2点で、1つは「交渉は3回以上粘らない」ということ。何度も交渉を繰り返したからといってデミオの値引きが伸びるわけではありません。3回で済ませると決意することで、営業マンにも覚悟が伝わるのです。

 

次に注意することは、「予算を事前に決める」ということ。もしデミオを車体とオプションで合わせて15万円値引きしたいなら、定価から15万円引いた価格を予算に設定しましょう。その金額は営業マンに伝えても構いませんし、におわせるだけでもいいので、とにかく予算だけは明確に決めておきましょう。予算を決めないでいると、営業マンも「いくら値引きすれば決めるんだ?」と考えて渋るようになります。

 

ここでは、2つの注意点を踏まえて、デミオ値引き交渉の初回~3回目までの流れを解説します。

 

初回交渉

デミオ値引きの初回交渉は、あいさつ程度で大丈夫です。いきなり厳しい値引きを要求すると、相手の態度も硬くなってしまいます。なので、デミオの見積もりを取れば十分です。

 

実際にマツダディーラーに行って話を聞くのでもいいのですが、すでに解説したとおり、複数のマツダディーラー、複数のライバル車種ディーラーを訪れなければいけません。数によってはこれだけで休日を数日つぶすことになります。

 

なので、時間を節約するなら「オートックワン」などのオンライン新車見積りサービスを使いましょう。パソコン、スマホでデミオやライバル車種の見積もりを取り寄せることができ、初回交渉をカットすることができるのも利点です。なおかつ、この時点である程度の値引きもされていることが多いです。

 

重要なのはデミオの見積もりを取ることです。見積もりを取るということはデミオ購入の意思表示でもあるので、営業マンに期待を持たせることができます。直接ディーラーに行ってもいいですし、オンラインで取り寄せるのでもいいので、まずはデミオの見積もりは必ず取りましょう。

 

全国各地のディーラーから新車見積もりが取り寄せられる「オートックワン」の公式サイトはこちら
→ http://autoc-one.jp/

 

なお、見積もりを取っていないのに、取ったフリをしたままデミオの交渉をすると、営業マンは一発で見破ってしまいます。現実味がないのですぐにバレるのです。そうなると、信頼はなくなり、交渉も確実に失敗します。最悪、そのディーラーにはもう行けません。

 

本命ディーラーはもちろんですが、対抗ディーラーやライバル車種のディーラーでも、しっかり見積もりはとっておきましょう。

 

2回目交渉

デミオやライバル車(アクア・フィットなど)の見積書を取ったら、次は2回目交渉です。ここでは、初回とは違い、じっくり交渉をしていきます。

 

見積書を持って来店してくれるお客さんは、ディーラーにとっても期待客です。なので、きちんと対応してくれます。

 

ここでは、以下のことを行います。

 

  1. 対抗ディーラー(別資本マツダディーラー)やライバル車種ディーラーの見積書を取ったことをアピールしつつ、圧力をかける
  2. 対抗・ライバル車種の見積書は見せない
  3. デミオのオプション値引きも積極的に狙っていく
  4. じっくりと、時間をかけて交渉を進める
  5. 契約しないで帰宅する

 

対抗ディーラーの見積書の中で一番値引きのいい見積書を用意しておき、「あそこのお店はデミオが結構安くなりそう、でもここで買いたいなぁ」なんて言ってプレッシャーをかけていきます。すると、営業マンはデミオの値引きを拡大する傾向があります。対抗ディーラーだけでなく、ライバル車の見積もりを活用してもいいでしょう。

 

注意してほしいのは、ここで対抗ディーラーなどの見積書は見せないこと。見せてしまうと、その値引き額が基準になり、限界まで増やすことが難しくなってしまいます。見せてと言われたら、「他店に迷惑がかかると困る」といって断りましょう。手元にあれば、きちんと効果はあります。

 

逆に、あえて見せるという作戦もあります。デミオの値引き幅は狭くなりますが、「他店より少し値下げ」という可能性は高まります。

 

どちらにせよ、どうしても値引きがうまくいかないときのために、「見せる作戦」はとっておいたほうがいいです。

 

デミオのオプションについては、「予算が厳しい」といえば割とあっさり割り引いてもらえます。オプションはつければつけるほど値引き額も増えるので、値引き額を増やしたいときは多めにつけてもいいでしょう。

 

交渉を煮詰めていくと、営業マンが熱くなって「今すぐ契約を!」と迫ってくることがあります。「もう契約しちゃおうかな」と思うかもしれませんが、デミオの限界値引きのためには3回目の交渉が必須。ここはこらえて、「家族と相談する」などと言って帰宅するようにしてください。

 

3回目交渉

そして3回目交渉です。営業マンの熱を冷まさないように、2回目と間を開けない方がいいです。なので、2回目を土曜、3回目を日曜にするなどの工夫をしましょう。

 

3回目交渉までの間に、ディーラー側で勝手に限界値引きを決裁していることもあります。2回目交渉で我慢して帰るのはこのためです。

 

3回目になると営業マンも相当期待しているので、条件もかなり通りやすいです。デミオの値引き増額だけでなく、諸費用のカット、ガソリン満タン納車などの条件を提示しまくりましょう。

 

注意点としては、欲張りすぎないことです。事前に決めたデミオの予算を達成したら、きちんと契約してあげましょう。そうしないと「予算内におさまったのに」と落胆させてしまい、交渉が一気に冷え込むからです。

 

デミオの商談に効果がある交渉テクニックをいくつか紹介します。ここぞという場面で利用してください。

 

ハンコを机に置いて、「デミオがあとXX万円安くなるならこの場で契約する!」と迫る
「家内がアクアのほうがいいと言って困っている。デミオがもっと安いなら考えも変わるかも」といって泣き落としする
契約寸前で「XXオプションが欲しいのを忘れていた!予算厳しいなあ」といってプレッシャーをかける。営業マンは契約を白紙にしたくないので、オマケしてくれやすい

 

デミオ値引きのまとめ

 

愛車の買取相場をリサーチする

愛車の買取相場を知らないでいると、ディーラーから下取り額を知らされても、高いか安いか判断できません。

 

もし安い価格だった場合、数十万円の損失となるため、いくらデミオを値引きしてもチャラ、最悪マイナスということになります。

 

なので、一括査定サービスを使って愛車の買取相場は必ずリサーチしておきましょう。

 

おすすめの「かんたん車査定ガイド」はこちら
→ http://a-satei.com/

 

デミオ値引きの知識を身に着ける

デミオはマツダの車なので、資本の異なるマツダ同士であれば相見積もりに持ち込めます。社名が1文字でも違えば異資本なので、すぐに見分けられます。積極的にデミオ同士を競合していきましょう。

 

また、アクアやフィットなどと相見積もりするのも効果的です。デミオ同士の競合がイマイチ効かなかったときは、ライバル車種もからめていきましょう。

 

交渉は3回する

デミオの値引き交渉はしつこくやっても逆効果。3回できっちり決めるようにしましょう。

 

もし3回目でも予算を達成できないときは、別のディーラーに切り替えましょう。マツダディーラーは数が多いので、何度か切り替えているうちにいつかは値引き率の高いディーラーに巡り合えます。

 

初回交渉はどうしてもたくさんのディーラーを回らないといけないので、時間短縮するならオンライン新車見積もりサービスを使って効率化しましょう。

 

オンライン無料見積もりサイト「オートックワン」はこちら
→ http://autoc-one.jp/

 

こうやってデミオ値引きを進めれば、愛車の売却で20~30万円、デミオ値引きで15~20万円のコストカットができるので、トータル50万円の節約ができるでしょう。